お知らせ

埼玉県行田市と大正製薬がコラボ田んぼアートでラグビー日本代表を応援!

埼玉県行田市とリポビタンDを展開する大正製薬株式会社は協同でラグビー日本代表を応援する田んぼアートを作成することが決定致しました。

 

共同会見で田んぼアートのデザインを発表する
大正製薬の佐藤マーケティング企画部長と石井直彦行田市長

 

田んぼアートのデザインには、日本代表選手として活躍する姫野和樹選手、リーチマイケル選手、田中史朗選手を採用し、古代蓮の里展望タワーから屈強な選手たちの姿を一望できます。

 

今回の田んぼアート制作にあたって、行田市にて田植えイベントを開催することになりましたので、この機会に是非田んぼアート制作の一員としてご参加ください。
【開催概要】
日付:6月15日(土)午前8:30~正午まで(体験時間2時間程度)
6月16日(日)午前9:00~正午まで(体験時間1時間程度)
内容:田植え体験(田んぼアート背景部分《緑色の部分》の田植え)
※田植え箇所、詳しい内容は当日お伝えいたします
場所:埼玉県行田市古代蓮の里(所在地:埼玉県行田市小針2375-1)
募集人員:各日とも70名(どちらか1日限り)
参加費:無料
募集期間:5月29日(水)~ 6月5日(水)正午

 

田植えイベント詳細やお申込みについては、以下の行田市ホームページにてご確認頂けます。
▼行田市ホームページURL
https://www.city.gyoda.lg.jp/15/05/10/2019rugbytanboart.html
田んぼアートの見頃は7月下旬から8月中旬になる見込みで、田んぼ団でも田植えイベントの様子の取材記事をお知らせに掲載する予定ですので、是非ご確認ください。

 

▼大正製薬プレスリリース
https://www.taisho.co.jp/company/release/2019/2019052901.html