Language
地域の取り組み事例

宮城県角田市

西根田んぼアートを楽しむ会

宇宙に届け田んぼアート!角田市400年の歴史

  • みどころ

今年度は伊達政宗の次女である牟宇姫(むうひめ)が角田市の領主であった石川家に輿入れして400周年を迎えるということで、角田市では大々的にPR。そのことを受け、田んぼアートを使って盛り上げていこうとの話になり、今年のテーマに牟宇姫を採用しました。地域の方々と地域おこし協力隊の事業として今年度は始まりました。また、様々な団体から協力をもらえることになったことでイベントが大きくなり、運営は例年より大変でしたが、お陰様で素晴らしい出来栄えとなりました。3枚の田んぼ(約5~6反)を使い、ダイナミックながらも牟宇姫の可愛らしさが表現できるよう色使いやデザインなどにもこだわりました。展望台を新たに建て、田んぼから約14m上方(前年までは約8m)から臨めることができるようになったため、一段と綺麗な景色を楽しめます。
角田市は、宇宙関連施設であるJAXA角田宇宙センターがあるなど、宇宙と関係の深い街市内の公園には、実物大ロケットの模型と展望台があり、GWには「宇宙っ子まつり」、9月には小惑星探査機はやぶさから名前を取った「はやぶさ祭り」が名物となっています。また、田んぼアートのある西根地区には、宮城県最古の木造建築である国指定重要文化財の高蔵寺阿弥陀堂と阿弥陀如来坐像があります。田んぼアートに訪れるとともに、角田市の雰囲気も楽しんでいってください。

※田んぼアート稲刈(10月頃に手刈・はせがけをする稲刈りを一般参加型で予定しています。)
わらアート(実施検討中)

西根田んぼアートを楽しむ会

アクセス
宮城県角田市高倉字上の松「国道113号線沿い」
お問い合わせ
https://www.facebook.com/kakuda.nishine/