Language
地域の取り組み事例

青森県田舎館村(見本)

田舎館村むらおこし推進協議会

25年目を迎える
田んぼアートの元祖

  • みどころ
  • 観光モデルコース
  • 2019
  • 2018

田んぼアートの元祖「いなかだてむら田んぼアート」1

平成5年から始まった田舎館村の田んぼアートは今年で25年目を迎えました。
今年のテーマは、第1田んぼアートが「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」、第2田んぼアートが「桃太郎」です。
7色13種類の稲を駆使し、緻密で迫力のある田舎館村の田んぼアートは、見る者を魅了し、多くの方に感動を与えてきました。
年々進化する田舎館村の田んぼアートを、ぜひご自身の目で見て、感動してください。

田んぼアートの元祖「いなかだてむら田んぼアート」1

平成5年から始まった田舎館村の田んぼアートは今年で25年目を迎えました。
今年のテーマは、第1田んぼアートが「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」、第2田んぼアートが「桃太郎」です。
7色13種類の稲を駆使し、緻密で迫力のある田舎館村の田んぼアートは、見る者を魅了し、多くの方に感動を与えてきました。
年々進化する田舎館村の田んぼアートを、ぜひご自身の目で見て、感動してください。

田んぼアートの元祖「いなかだてむら田んぼアート」1

平成5年から始まった田舎館村の田んぼアートは今年で25年目を迎えました。
今年のテーマは、第1田んぼアートが「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」、第2田んぼアートが「桃太郎」です。
7色13種類の稲を駆使し、緻密で迫力のある田舎館村の田んぼアートは、見る者を魅了し、多くの方に感動を与えてきました。
年々進化する田舎館村の田んぼアートを、ぜひご自身の目で見て、感動してください。

1
田んぼアート駅
ダミー本文: Copyright Wikipedia

田んぼアート駅
ホームと待合所(2016年4月)
ホームと待合所(2016年4月)
たんぼあーと
TAMBOATO
◄尾上高校前 (0.9km)(0.4km) 田舎館►
所在地 青森県南津軽郡田舎館村
北緯40度37分58.2秒
東経140度34分25.3秒座標: 北緯40度37分58.2秒 東経140度34分25.3秒
所属事業者 弘南鉄道
所属路線 弘南線
キロ程 13.4km(弘前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 2013年(平成25年)7月27日
備考 無人駅
テンプレートを表示
田んぼアート駅(たんぼアートえき)は、青森県南津軽郡田舎館村にある弘南鉄道弘南線の駅である[1]。

当駅がある田舎館村は、色が異なる稲を植え分けて水田に絵を描く田んぼアートが名物である[2]。当駅は、その第二会場がある道の駅いなかだて(弥生の里)近くに開設された。

原則として12月1日から3月31日までの冬期間は列車が停車せず、当駅は利用できない(実質、臨時駅に近い扱い)。ただし冬季でも、弥生の里で開かれるイベント「冬の田んぼアート」期間中は乗降が可能である[3]。
2
弥生の里展望所
ダミー本文: https://www.aptinet.jp/Detail_display_00004146.html から引用
 道の駅いなかだて「弥生の里」内にある展望所です。
 第2田んぼアート観覧場所となっており、南津軽の田園地帯を一望できます。

 今年も昨年同様、田んぼアートに先駆けて弥生の里展望所をオープンします。
 田んぼアート期間外にも本展望所にご来場いただき、石アートと津軽平野の風景をお楽しみください。オープンから5月上旬頃までは石アートと桜のコラボレーションもお楽しみいただけます。

田舎館村むらおこし推進協議会

アクセス
青森県南津軽郡田舎館村大字田舎舘字中辻123-1
国道X号線からXXを入る 目印がXXXです
お問い合わせ
http://www.vill.inakadate.lg.jp/